中林美和長女はかのん次女はりま!ハーフの噂や昔・生い立ちについて

速報
この記事は約3分で読めます。

2001年まで雑誌『CanCam』の専属モデルとして活動していた、中林美和は、2人の息子がいたヒップホップMCのZeebraと結婚しました。

2002年に長女花音(かのん)、2004年に次女里茉(りま)を出産しました。

2020年5月26日に、Zeebraの息子に子供が生まれ、Zeebraは、49歳で孫ができ、お爺ちゃんになったとのことです。

ここでは、Zeebraの妻である、中林美和の長女花音(かのん)・次女里茉(りま)についてや、中林美和のハーフの噂や昔・生い立ちについて見ていきたいと思います。

 

 

 

中林美和の長女花音(かのん)・次女里茉(りま)について

Zeebraには前妻との息子が二人いますが、中林美和の間には、2人の娘がいます。

長女は花音(かのん)で、次女は里茉(りま)ですが、その2人について詳しく見ていきたいと思います。

 

長女の横井花音(よこいかのん)

 

名前:横井花音(よこい かのん)
生年月日:2002年12月11日

Zeebraと中林美和の長女の横井花音は、一般人であるために、情報や画像は出回っていません。

しかし、とても、美少女だという噂です。

 

次女の横井里茉(よこいりま)

 

本名:横井里茉(よこいりま)
誕生日:2004年3月26日

Zeebraと中林美和の長女の横井里茉は、動画配信サイトHuluで配信されている、日韓合同オーディションプログラム「Nizi Project(ニジプロ)」に参加しています。

日本のソニーミュージックと韓国のJYPエンターテインメントが手掛けるプログラムで、最終的に選ばれた練習生は、2020年11月に正式に日本デビューすることが決まっているそうです。

その中でも、次女の横井里茉は、非常にかわいく、注目が集まっています。

 

 

中林美和のハーフの噂や昔・生い立ちについて

 

本名:中林美和(なかばやしみわ)
誕生日:1979年3月5日

中林美和は、昔は2001年まで雑誌『CanCam』の専属モデルとして活動していました。

その後も、ママモデルの先駆者としても活躍し、子育ての経験を生かして、書籍などの出版も行っています。

中林美和は、Zeebraとは、19歳の時に結婚し、Zeebraの前妻との息子2人をいきなり育てるという生活になったそうです。

モデルとしての活躍の経歴は公表されていますが、それ以前の経歴ははっきりとしないところも多いです。

しかし、ハーフという噂については、目鼻だちがはっきりしているということから生まれただけで、純粋な日本人のようです。

また、生い立ちはどのようなものなのかについては、現在のところ、判明しておりません。

わかり次第、追記いたします。

 

 

 

 

まとめ

Zeebraの息子の家庭に子どもができ、49歳にてZeebraは孫ができておじいちゃんになったことが話題となっています。

その嫁の中林美和について、そして、二人の娘の長女花音(かのん)・次女里茉(りま)について見ていきました。

中林美和が、19歳のときに、8歳の年の差で、シングルファーザーのZeebraと結婚しています。

家庭内での不満もあるようですが、Zeebraにとっては、2度目の結婚で、4人の子供がいます。

これからも仲睦まじくいてほしいものですね(^^♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました