専業主婦離婚後悔しないためには?経済面などひとり親のデメリットは

離婚
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

これから離婚に向けて考えている専業主婦の人、もちろん、離婚した後に後悔したくありませんよね

離婚した後に後悔しないためには、離婚した後のことをよく知っておく必要があると思います。

専業主婦の人であれば、今までと違って、一人で家計を支えなければいけません。

子どもがいる場合は、育児に加えて、仕事の負担も増えます。

離婚を考えている人は、離婚した後、後悔しないためにどうすればいいのか、見ていきましょう

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

夫婦が離婚する理由とは?

離婚する理由は、人それぞれあると思います。

元夫と価値観が合わない、経済的DVを受けていた、暴力や浮気をしていたなど。

しかし、離婚してしまえば、当たり前ですが過去にはもう戻れません

ですので、「やっぱり離婚しなければよかった」とならないためにも、なぜ離婚したいのか、離婚する前に改めて知っておく必要があると思います。

改めて、考えたとき、離婚を回避できる人もいるかもしれません。

理由をよく考えたうえで、離婚を決意された場合は、後悔する可能性も低くなるのではないでしょうか

では、離婚に至る原因や理由とはなんでしょうか。

例にあげて説明していきたいと思います

一つは、性格や価値観の不一致で結婚生活がうまくいかず、離婚したいと考えている人。

結婚前は相手に魅力を感じ、居心地が良かったが、一緒に住み始めてからは喧嘩ばかりしている。

喧嘩ばかりで、一緒にいる意義を見出せなくなり、離婚を考えるようになった、など。

それ以外にも、離婚を考えてしまうようになった原因は、さまざまあるかと思います。

もし、まだ離婚を決意されていない状況であれば、一度距離を置いてみてはいかがでしょうか。

離婚したい、との思いで頭がいっぱいになり、勢いで離婚してしまうと、後で後悔することにもつながりかねません。

別居し、一度距離を置き、それでも歩み寄れない場合は、最後の選択肢として離婚を選んではいかがでしょうか。

もう一つは、夫が浮気して、離婚を考えている人です。

結婚生活の土台にあるものは、お互いの信頼関係ですよね。

浮気が発覚した場合、それらの信頼関係は一気に崩れ落ちます。

浮気された側は、怒りや悲しみなどで一気に愛情が冷めてしまい、離婚を考えるかもしれません。

ですが、価値観の不一致の時と同じく、一時の感情で離婚してしまうと、後悔してしまうかもしれません

勢いで離婚してしまったが、冷静になった時にもう一度やり直したくなった。

子どもがいる場合であれば、子どもが父親がいないことに対し悲しんでいるなど。

浮気が発覚した場合も、勢いで離婚して後悔しないために、改めて離婚後の生活について考えるといいかもしれません。

しかし、相手から身体的、精神的な暴力を受けている場合は、一刻も早く距離を置き、離婚したほうがいいでしょう。

我慢を続けて、心身共に参ってしまったり、DV被害は命に危険が及ぶ可能性があるからです。

 

 

 

 

 

離婚して後悔する理由とは?

実際に、離婚を決意して、夫と離婚した後に、後悔してしまう理由とはどのようなものでしょうか。

それぞれについて、くわしく見ていきたいと思います。

 

専業主婦は離婚後の経済的な問題に悩む

離婚して後悔する理由の一つとして多いのは、経済的な問題ではないでしょうか。

離婚を考えている人は、まず初めに、金銭的に自立しなければなりません。

安定した収入を得られる仕事を見つけられるかどうかは、とっても重要な問題ですね。

長い期間、専業主婦だった人は、新しい仕事を見つけようとしても、思う通りの就職先が見つからないこともあるでしょう。

仕事への意欲があっても、子どもがいて育児と家事を両立しなければならない、持っていないスキルを仕事で求められる、なんてこともあるでしょう。

その場合は、就職できる仕事の数も限られてきますよね。

離婚後からすぐ、働いて家計を支える必要がありますが、就職先を見つけるのも簡単ではありません。

ひとり親になった場合、元夫から慰謝料や養育費を貰える人もいるかもしれません。

しかし、これから生活していくためには、たくさんのお金が必要になります。

養育費は請求できても、生活費は請求できません。

子どもがいる場合、養育費の支払いは義務になっていますが、貰える金額は、元夫の収入に左右されます。

加えて、養育費を払わずに滞納するケースも少なくありません。

養育費を貰えず、泣き寝入りしてしまうと、養育費の時効5年を過ぎてしまいます。

養育費の滞納があり、話し合いに応じてもらえない場合には、法的手段を用いるのもありでしょう。

離婚後、ひとり親になった人は、国や市区町村のひとり親手当の制度を使うことができます。

ひとり親対象の助成金を貰えることで、経済的に助けられている人も多いでしょう。

しかし、生活していくためには、国からの助成金では、金銭的に足りているとは言えない状況です。

離婚後に後悔する理由の一つ目は、経済的な問題でしたね。

勢いで離婚してしまったが、貯金もなく、金銭的に苦しくなり、もう少し考えてから行動すればよかったと後悔している人。

離婚して、就職活動を始めたが、なかなか希望通りの就職先が見つからず、離婚を後悔している。

養育費を元夫から貰えば、なんとかなると思ったが、想像していたよりも、貰える金額が少なく、生活が苦しい。

養育費を夫が支払ってくれず、離婚したのに、夫との話し合いや喧嘩が続いている。

経済的な面だけでも、離婚を後悔している理由はたくさんありますね

 

離婚後の仕事と家事・育児の両立が難しい

離婚後に増える負担は、経済的な面だけではありません

子どもがいる人は、これからひとりでの仕事、家事、育児がまっています。

ひとりで子育てしながら仕事をするのは大変だろう、と覚悟している人もいるかもしれません。

しかし、覚悟はしていたが、離婚して実際ひとりになると、予想以上に大変だ、と感じる人が多いようです

これまで専業主婦だった人は、家事や育児に集中できたかもしれません。

ですが、これまで仕事をしていた人とは違い、離婚後に、一度に増える負担が大きいでしょう

特に、実家に頼ることができない人や、周りに頼れる人がいない場合は、一人で背負うものが多く、ストレスを抱えての生活になります。

自分が病気になってしまったら、誰が子どもの面倒を見るのか、子どものことで悩んだとき、誰に相談したらいいの?

など、肉体的な負担だけではなく、精神的な負担もストレスの原因になります

また、ストレスを抱えたり、傷ついているのは母親だけではありません。

子どもがいて、離婚した場合は、子どもに対するケアも必要です。

今まで一緒に住んでいた父親と突然会えなくなるのは、子どもにとって、悲しいことですよね

引っ越しで、住む場所や学校が変われば、生活環境も大きく変わるため、子どもにとっても、ストレスになるでしょう。

子どもが、父親に会いたいと寂しそうに話したとき、離婚しないほうがよかったのかもしれないと後悔する人も少なくないでしょう。

 

離婚した後のことを考えていなかった

離婚後に後悔する理由のひとつに、離婚した後の生活がどうなるのか、あまり考えずに離婚し、後になって後悔したという人もいます。

最近では、離婚する人が増えてきており、ひとり親も珍しくありませんよね。

離婚へのハードルが下がり、勢いで離婚する人も増えているのではないでしょうか。

とにかく夫と離婚したい、一刻も早く夫と離れたいなどの理由で、頭がいっぱいになり、離婚後の生活がどうなるのか想像できないパターンです。

離婚の原因が、夫の浮気だった場合は、怒りや悲しみで、冷静ではいられなくなります。

そうなると、裏切られたという悲しみから、もう一緒にいたくないと、離れることを優先して考えてしまいがちです。

その場合、離婚した後に立ちはだかるお金の問題や、元夫への未練などから後悔につながります。

元夫に未練が残っているまま離婚してしまうと、毎日の生活が寂しいものになってしまいますね。

浮気以外の理由で離婚した場合も同様です。

離婚直後は、元夫と離れてせいせいした、と思っていても、時間が経つにつれて寂しさが募る人もいます。

そのほかには、離婚してから元夫の良いところに気づいて後悔している人です。

一緒に住んでいると、どうしても相手の嫌なところに目を向けてしまいがちですよね。

嫌なことばかりで我慢できなくなったが、いざ離婚して離れてみると元夫の良いとこに気づいた。

離婚する前に、気付くべきだったと後悔。

また、自分が元気なときはいいのですが、体調を崩した時や年齢を重ねたときに、夫がいてくれたら…と後悔することもあるでしょう。

離婚する時には感じていなかった不安が、病気をした時や年齢を重ねたときに出てくるかもしれません。

 

 

 

 

離婚のデメリットを考え、後悔しないために

離婚して、新しい人生を踏み出す人もいれば、離婚を後悔している人もいます。

後悔しないためには、離婚したときのデメリットをよく考えることが大事ですね。

もちろん、デメリットを想定して、離婚する人の方が多いでしょう。

しかし、実際に経験すると、やはり大変だったというのが離婚問題ですね。

後悔しないためには、すぐに離婚するのではなく、別居するなどワンクッション置いてみてはいかがでしょうか。

離婚が珍しくない時代とはいえ、これからの人生を大きく左右します。

後悔しないためにも、離婚以外の選択肢はないのか、考えてみてはいかがでしょうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました