専業主婦離婚されそうな場合の対処法は?夫婦円満に暮らすためには

離婚
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

最近は、離婚する人が増え、シングルマザーも珍しくない時代になりました。

専業主婦のみなさんも、一度は夫と離婚したいと考えたことがあるのではないでしょうか

たとえば、子供や生活面のことで、夫と考えが合わなかったり、些細なことで大ゲンカに発展しまったときなど。

ですが、実際に離婚を切り出したり、離婚されそうになった人はそんなに多くはないでしょう。

冷静に考えると、離婚を早まらなくて良かった、仲直りして良かった、と思いますよね。

また、離婚といえば、熟年離婚など含めて、妻から夫に別れを切りだすイメージです。

ですが、当然、夫が離婚を決意するケースもあるのです

では、専業主婦の人が夫から離婚されそうになる理由とは、一体何でしょうか

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

夫から離婚を切り出されたらどうすればいい?

突然、夫から離婚を切り出されたら、どうしますか?

専業主婦なのでこれからの生活はどうなるんだろうかと戸惑う人もいるでしょう。

また、子どものことも心配ですよね。できれば離れて暮らしたくないですよね。

なぜ、夫が離婚したいと思っているのか、理由が分からない人

なんとなく、離婚を切り出されるのではないかと、予感していた人。

夫から離婚されそうになっている人の原因はさまざまだと思います。

ですが、どのような理由であれ、夫と離婚したくない人にとっては、離婚の2文字は絶対に避けたいですよね

離婚を避けたい人は、夫が離婚を決意する前に、対策を取りましょう

これから、夫が離婚したいと思う理由について説明します。

 

 

 

 

 

 

夫から離婚を切り出される理由について

それでは、ここから、夫から離婚を切り出される理由について、くわしく見ていきたいと思います。

 

家事をしない

専業主婦の家庭の場合、家事を妻に任せている夫が多いでしょう

この場合、専業主婦なのに、妻が全く家事をしないとなると、夫が離婚したいと思う原因になります。

もちろん、子どもがいる場合や、体調がすぐれないなどの理由で、家事ができない日もあると思います。

ですが、夫が離婚したいと思うほど、毎日家事をしていない場合は、生活スタイルを見直す必要があるでしょう

たとえば、夫が仕事から疲れて帰ってきても、いつも食事の用意がされていない。

家の中が散らかり放題で、ゆっくりくつろげない、などです

基本的に、家事は夫婦で協力し合いながらするものです。

ですので、専業主婦だから家事をすべてしなければならない、なんてことはありません

妻が家事をしないということを理由に離婚するのも、難しいでしょう。

ですが、妻が家事への協力を放棄している場合、離婚裁判によって、離婚が成立する可能性がないとはいえません

家事をしていないことで、夫と喧嘩になっている人は、離婚を切り出される前に少しづつ家事を始めましょう

 

すぐに怒る・モラハラ

みなさん、モラハラという言葉を聞いたことがあると思います

夫が妻に生活費を渡さないなどが、代表例ですね。

モラハラと聞くと、夫が妻に対して、精神的、経済的ダメージを与えているイメージがありますよね。

ですが、妻から夫に対してのモラハラが理由で離婚しているケースもあるのです

妻から、夫へ対するモラハラの例を紹介します。

  • 夫に話しかけられても、無視をする
  • 夫の行動に文句ばかり言う
  • 子どもの前で夫の悪口を言う
  • 夫に暴言を吐く

このように、常に妻からプレッシャーや暴言があれば、夫は精神的に参ってしまいます

そうすると、妻や子どものことは愛しているが、いつも怒っている妻をみるのがしんどい。

仕事を終えて家に帰っても、無視をされたり、にらまれるのが怖いから、帰りたくない、と夫は思いますよね。

妻が待っている家というのは本来、仕事から疲れて帰ってきた夫が、ゆっくり安らげる環境ですよね

それが、家に帰っても気持ちが休まらない、なんてことになると、夫は離婚を考えるでしょう

モラハラ、とまではいかなくても、毎日イライラして夫に怒っている人もいるかもしれません。

そんな人は、ストレスを溜め込まないようにして、イライラを夫にぶつけないよう工夫しましょう

夫が原因でイライラしている場合は、冷静な状態で、夫との話し合いの場を持つことをおすすめします

 

夫に好きな人ができた

異性関係が理由で、夫が離婚を切り出す場合があります。

夫が浮気したことを理由に、妻が離婚を切り出すケースが多いですが、夫が浮気して、妻に離婚を求める場合もあるのです。

たとえば夫から、好きな人ができたから別れてほしい、と離婚を切り出されるケースです

夫婦生活が、すでに破綻していた人であれば、夫に好きな人が出来ても、驚きはないかもしれません。

ですが、ある日突然、前触れなく離婚を告げられた人は、びっくりしてどうしていいか分からなくなりますよね

専業主婦の人であれば、経済的な理由もあり、すぐには離婚を考えられない人もいるでしょう。

離婚するには、夫婦双方の合意が必要です。

なので、夫から身勝手な理由で一方的に離婚を切り出されても、妻が合意しなければ、離婚することはできません。

そもそも、夫が浮気した理由はなんでしょうか

理由を知っていれば、夫が浮気に走るまえに対策ができる可能性があります

  • 家に居場所がなかった
  • 魔がさした
  • 妻を女性としてみれなくなった
  • セックスレス

夫が浮気する理由としては、妻以外の女性に癒しを求めているという特徴がありますね。

女性は、妊娠、出産により、妻から母に変わりますよね。

それにより、妻から夫への態度が変わることは、珍しくありません。

ですが、妻の態度の変化が、夫が浮気する理由になっている可能性もあります。

もちろん、妻の態度が変わったことを理由に、浮気を正当化するなんて許せません

ですが、心あたりのある人は夫へ優しく接するなど、態度を改めてみると、浮気を防げるかもしれません

よれよれの部屋着を着ている人は、新しい部屋着を購入するだけでも、夫の見る目が変わるかもしれませんよ

 

妻の浪費癖に嫌気がさしている

結婚してから、妻の浪費癖が治らず、夫が離婚したいと思っているケースです。

専業主婦の人は、毎月夫から決まったお金をもらい、家計をやりくりしていますよね。

お金の管理が苦手な人でも、家計が傾くようなお金の使い方をする人はいないでしょう

ですが、妻に浪費癖がついており、無駄遣いや借金を作ったことが原因で離婚する夫婦もいるのです

浪費も限度が過ぎると、夫から愛想を尽かされてしまいます

仮に夫と離婚した場合、妻が作った借金はどうなるか知っていますか?

基本、結婚している間の婚姻費用は夫婦の連帯責任となり、夫婦2人で返済する義務があります。

ですが、連帯責任が生じるのは、日常生活において必要なものを購入した場合に限られるのです

生活に必要のない高級なブランドバックを購入したり、ギャンブルに使ったお金は、婚姻費用として認められません

ですので、結婚している間に婚姻費用以外の借金を妻が作ったとしても、離婚後、夫に支払い義務はないのです。

自分へのご褒美といって、夫のお金を浪費している人や、衝動買いをしがちな人は、お金の使い方や管理方法を見直す必要があります

 

 

 

 

 

離婚を避けるためには?

専業主婦の人は、経済的に夫に頼っている部分が大きいので、夫から離婚されそうになると焦りますよね。

そうでなくても、夫のことを好きな場合は、離婚したくないでしょう

離婚を避けるためには、なぜ夫が離婚したいと思ったのか、理由を知り、対策を練ることが重要だと思います

世の中に完璧な人はいません。

ですが、さきほど説明した、夫が離婚したい理由に心当たりがある人は、改善の余地がありますよね。

夫から離婚を切り出されないため、夫婦仲良く過ごせるように、日々の生活をふり返ってみましょう

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました