洗濯槽掃除ハイター液体か粉末どちらが良い?カビや臭いをキレイに!

家事
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

洗濯槽の掃除は、定期的にしていますか?

洗濯槽の掃除方法が分からず、長期間、1度も掃除をしたことがない人もいるかもしれません。

ですが、洗濯槽には、見えませんが、皮脂汚れや洗剤カスなど、多くの汚れが付着しているのです

皮脂汚れや洗剤カスは放っておくと、カビやイヤな臭いの原因となるため、ハイターなどの液体洗剤で掃除することをおすすめします

そして、ハイターには液体洗剤以外にも、粉末タイプのものがあります。

液体タイプと粉末タイプでは、成分などが違うので、自分に合ったものを使うといいでしょう

では、これから、洗濯槽の掃除方法などについて説明します

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

洗濯槽は汚れやすいため、定期的な掃除が必要

家族の人数にもよりますが、洗濯機は毎日使う人が多いのではないでしょうか。

使う頻度が多ければ多いほど、洗濯槽の汚れは溜まっていきます

しかし、洗濯槽の汚れは表から見ることはできませんよね

ある日、洗い終わった洗濯物に黒っぽい汚れがついていた、なんて人はいませんか?

それは、実は、洗濯槽についているカビなのです

せっかく洗った洗濯物にカビ汚れが付着しているなんて、考えたくもありませんよね

その他にも、洗濯槽が汚れていると、洗濯物からイヤな臭いがしたりします。

これも、洗濯槽に付着している、皮脂汚れや汗などのたんぱく質をエサに増えた雑菌が繁殖しているからなのです

ですので、洋服の清潔を守るためにも、洗濯槽の掃除は定期的に行うことが大切です

掃除を行う頻度は、理想は月に1回です。

ですが、洗濯機の使用頻度がそこまで多くない場合は2ヶ月に1回ほどでもいいかもしれません。

洗濯槽が汚れていると、洗剤の効果も薄くなってしまいますし、洋服も汚れたままです

洗濯槽の掃除と聞くと、難しく感じるかもしれません。

ですが、ドラックストアなどで売られているハイターなどの液体洗剤でも、簡単に掃除することができます

次に、洗濯槽の掃除方法などについて説明していきます

 

 

 

 

 

洗濯槽の掃除方法!

せっかく、こまめに衣類を洗濯していても、洗濯を行う洗濯機の洗濯槽自体が汚ければ、意味がありませんよね。

それでは、洗濯槽の掃除はどのように行えば良いのかについて、見ていきたいと思います。

 

ハイターは、液体タイプと粉末タイプの2種類ある

酸素系漂白剤には、液体タイプと粉末タイプの2種類あるのを知っていますか?

どちらも同じ酸素系漂白剤ですが、主成分には大きな違いがあります

まずは、その成分について説明していきます。

液体タイプの主成分は過酸化水素水、粉末タイプの主成分は過炭酸ナトリウムです。

液体タイプは、粉末タイプに比べると汚れを落とす力が弱いが、その分刺激が少ない

粉末タイプは、液体タイプよりも汚れを落とす力が強く、その分洗浄力も刺激が強くなる

このように、液体タイプと粉末タイプでは、それぞれメリット、デメリットが存在します

液体ハイターは、汚れを落とす力は粉末タイプに劣りますが、小さな子どもや、肌の弱い人にオススメの洗剤になります。

ですが、肌への刺激に強く、洗濯機の使用頻度が高い場合は、洗浄力の強い粉末タイプの洗剤をオススメします

自分の肌質や環境に合わせて、洗剤を選ぶといいでしょう

 

洗濯槽の掃除方法は?

洗濯槽の掃除に必要なものは、粉末タイプのハイター、ゴミ取りネット、40℃から50℃のお湯です。

掃除を始める前に、洗濯槽についているくず取りネットなどの細かいパーツを外せる人は、外してくださいね。

外したパーツはキレイに洗ってから、洗濯槽の掃除後に再装着してください

そして、お湯が必要なのは、水よりもお湯を使ったほうが洗浄力が高くなるからです

では、掃除方法について説明します。

まずはじめに、洗濯槽いっぱいにお湯を溜めましょう。

お湯は、火傷に注意しながら洗面器などを使っていれるといいでしょう。

次に、ハイターを水10リットルに対して50gいれて、洗濯機を2回から3回、から回ししましょう。

から回しが終了した後は、そのまま2時間から3時間ほど放置します。

そうすると、洗濯槽に付着していたゴミが浮いてくることがありますので、ゴミ取りネットですくい取ります。

ゴミなどの汚れをしっかり取った後は、洗いと脱水を繰り返してください。

汚れが浮いてこなくなったら、洗濯槽の掃除は完了です

 

掃除する時の注意点

ハイターを使って、洗濯槽の掃除をする場合、いくつか注意点があるので説明しますね。

1つ目は、洗濯槽の掃除に、お風呂の残り湯を使う場合です

節約のために、お風呂の残り湯を洗濯槽の掃除に使う人もいるかもしれません。

ですが、冷たくなってしまったお湯は菌が繁殖している可能性があるので、使用は避けましょう。

残り湯を使う場合は、温かい状態のお湯を使ってくださいね

そして、残り湯に入浴剤が入っている場合も、洗濯機が故障する原因になる可能性があるので、使用するのは避けましょう。

2つ目は、自宅で使っている洗濯機が、酸素系漂白剤が使用可能かどうか確認してください。

洗濯機の機種によっては、塩素系漂白剤しか使ってはいけない場合があります。

塩素系漂白剤しか使ってはいけないのに、酸素系漂白剤を使用すると故障する原因になりかねません

洗濯機の取り扱い説明書で確認した上で、漂白剤を使用してくださいね

3つ目は、別の漂白剤と一緒に使用しないことです

複数の漂白剤を混ぜたほうが効果があるのでは、と考える人もいるかもしれません。

ですが、別の漂白剤と一緒に使用するとデメリットしか生まれません

粉末タイプの酸素系漂白剤と塩素系漂白剤を混ぜても、有毒なガスはでません。

ですが、酸素が発生して、容器が膨張し、容器が破裂することがあり危険です

そして、洗浄効果も落ちてしまう可能性があるので、漂白剤を混ぜて使用するのはやめましょう。

 

洗剤によっては、混ぜると有毒ガスが発生するものがあるので注意してください

 

普段からできる、カビ予防!

洗濯槽の汚れを溜めてしまわないために、定期的な掃除が必要でしたよね。

ですが、定期的に掃除をする以外にも、洗濯槽のカビを防止する方法はいくつかあります。

それは、カビが繁殖しやすい環境をなるべく作らないということです

カビの繁殖を抑える方法は以下になります。

  • 洗剤の使用量を守る
  • 洗濯機のフタは閉めない
  • 洗濯機の中に濡れた洋服を放置しない

カビは、皮脂汚れや汗などのたんぱく質汚れや湿度の高い場所を好みます

ですので、そういった状況を作り出さないことが重要になります

ところで、みなさんは洗剤の使用量を守っていますか?

洗剤をたくさん入れたほうが、汚れが落ちやすくなるのではないかと考える人もいるかもしれません。

しかし、規定量以上の洗剤を入れると、逆に汚れが落ちにくくなります

洗剤が少なすぎてもいけませんが、多すぎるのも問題です。

洗剤は規定の量で使うからこそ効果があるため、使用量は守ってくださいね

そして、洗濯が終わった後、洗濯機のフタをあけて、洗濯槽を乾燥させている人はどれくらいいるのでしょうか?

ほこりが溜まったらイヤだ、という理由などから洗濯後すぐに洗濯機のフタを閉めている人は要注意です

洗濯後すぐにフタをしめてしまうと、洗濯槽の中は、高湿度の状態になってしまいますよね。

そうすると、湿度を好むカビが繁殖しやすい環境になっているということです

洗濯後は、フタをしめずに乾燥させましょう

最後に、洗濯機の中に、濡れた状態の洋服などをいれっぱなしにしていませんか?

洗い終わった後すぐに干さなかったり、洗濯機を洗濯カゴ代わりにしている場合は、カビが発生しやすくなります。

洗濯槽の中は、洗濯物を洗うとき以外は空っぽにして、常に乾燥している状態を作りましょう

 

 

 

 

 

洗濯槽の掃除には、液体タイプよりも粉末タイプがおすすめ

洗濯槽の掃除に使う洗剤には、液体タイプと粉末タイプの2種類ありましたね

長期間、洗濯槽の掃除をしていなかった人や、しっかりと汚れを落としたい人は、粉末タイプの洗剤を使用しましょう。

そして、洗濯槽の定期的な掃除も重要ですが、なるべくカビを発生させない環境づくりが大切ですね

洗濯槽の中は湿度が高くなりやすいので、できるだけ乾燥させることがカビ予防につながります

ハイターはドラックストアなどで手軽に入手できますし、掃除の手順も簡単です。

定期的に掃除をして、いつもキレイな状態を保ちたいですね

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました