掃除頻度専業主婦はどれくらいのペースで行うべき?毎日が理想なのか

家事
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

結婚して、専業主婦になったみなさんは、毎日掃除をしていますか

突然友人や知人の来訪があっても、すぐに部屋に通せるくらいの頻度で掃除を行い、毎日片付いているのは理想ですが、実際そんな人はどれくらいいるのでしょうか?

料理やその他の家事は得意だけど、掃除は苦手だからついつい後回し、なんて人もいますよね。

専業主婦になったのだから、掃除をして当たり前なんていう風潮をどうにかしたいものです

では、専業主婦の人は、どれくらいの頻度で掃除をするといいのでしょうか

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

専業主婦だから、毎日の掃除が義務?

専業主婦だから、毎日ピカピカに家の中を掃除するのが当たり前、なんて言われたら、私は家政婦じゃない!と反論したくなりますよね

ひと昔前は、家の中の掃除は女性がするもの、という考え方が一般的だったかもしれません。

ですが、現在は、専業主婦であっても人それぞれライフスタイルが異なります

仕事をしていないから、時間があるのでは?と思われがちな専業主婦ですが、そんなことはありません。

毎日完璧に掃除をしようと思ったら、掃除だけで1日が終わってしまうくらい、掃除する場所はたくさんあります

そして、専業主婦の人は、掃除以外にも、献立を考えたり、料理を作る、洗濯を回すなど、たくさんやることがあります。

それ以外にも、子どもの送迎や町内会の集まり、ご近所付き合いなども、見えない家事ですよね。

それらをこなしながら、毎日掃除をするのが理想ですが、それが義務になってしまうと疲れてしまいます

掃除をする気が起きない日や、体調の優れない日もあるでしょう

ですので、掃除をする場所、掃除をする頻度は自分のペースで決めて、実行しましょう。

専業主婦の人は、1日使う時間を自分で決めることができますよね。

自分のライフスタイルに合わせた掃除の頻度で、家の中のキレイを保ちましょう。

掃除を含めた家事には終わりがなく、毎日しなければなりません。

継続するためには、義務感を捨てて、自分にとって負担のないように工夫してくださいね

では、これから、掃除の理想の頻度や掃除をする日のスケジュールについて説明したいと思います

 

 

 

 

 

専業主婦こそ、自分のペースで掃除をしよう!

それでは、専業主婦の人は、どのような頻度で掃除を行うのが良いのでしょうか。

くわしく見ていきたいと思います。

 

専業主婦の理想の掃除頻度は?場所別に掃除する日を決める

理想の掃除の頻度は、毎日です

なぜなら、汚れは放置すればするほど、頑固にこびりついたり、溜まっていくからです。

とはいえ、家の中のすべてをピカピカにすることだけが、掃除というわけではありません。

掃除は、毎日するのが理想ですが、疲れてしまい、継続できなければ意味がありませんよね

一口に掃除といっても、拭き掃除や掃除機掛けなど、いろいろ種類があります。

その他にも、部屋を汚さないということも、掃除に含まれるのではないでしょうか。

使ったものは、元通りの場所にその都度戻す。

ゴミが落ちているのに気づいたら、その都度ゴミ箱に捨てるのも立派な掃除でしょう

そして、掃除するにも、毎日掃除をしたほうがいい場所と、週1回でも十分な場所ってありますよね。

毎日掃除する箇所、週1回しか掃除しない箇所を決めて効率良くお掃除しちゃいましょう

 

キッチンや洗面台

キッチンや洗面台は毎日使うので、汚れやすい場所ですね。

なので、できるだけ毎日掃除したほうがいい箇所です。

キッチンは料理をするたびに、油汚れや、水垢、生ごみで汚れます

特に油汚れは、時間が経つと掃除するのが大変なので、生ごみを捨てるついでにサッと拭き掃除をしましょう

油をふき取る専用の使い捨てクリーナーなどが安価で売っていますので、活用してみてください

シンクの中も毎日サッと洗うと、水垢汚れが蓄積しないので、大掃除の時に楽ちんです。

逆に、排水溝の掃除は毎日しなくても、週1回程度で十分だと思います。

洗面台は、顔を洗ったり、歯を磨くときに水が飛びますよね。

洗面台周りの、水をサッとふき取ることを習慣化すると、カビや水垢の発生を防げます。

排水溝の掃除は忘れてしまいがちですが、キッチンと同じく、週1回程度掃除しましょう

 

お風呂

お風呂は、毎日湯船につかる前に掃除をする人が多いでしょう。

体を洗う洗い場も毎日使うため、余裕があれば毎日掃除するのが理想です

お風呂場は高温多湿な場所なので、カビが発生しやすい場所です。

とはいえ、お風呂掃除は身をかがめたり、労力がいりますよね

お風呂場専用のカビ防止煙剤などが売られていますので、それらを使用すると負担が減るでしょう

 

トイレ

トイレは毎日清潔を保ちたい場所です。

衛生的に汚れやすい場所なので、できるだけ毎日掃除するのが理想ですね。

便器を洗ったり、床を拭き掃除したり、することがたくさんあって、毎日するのが負担だという人もいるでしょう。

そんな人は、肌が直接触れる便座のみを、毎日掃除するといいかもしれません。

便器の中は掃除をしても、頻繁に汚れてしまうものです。

掃除の負担をなるべく減らすために、汚れを防止する洗浄剤などを使用するといいでしょう。

 

リビングや廊下

リビングは、家族団らんの場所なので、人が多く集まりますよね。

そうすると、髪の毛やほこりなどのゴミが溜まりやすくなります。

ですので、掃除機をかける頻度は毎日が理想です。

特に、小さな子どもがいる人や、ペットを飼っている人は、掃除の頻度を多くするように心がけるといいでしょう。

毎日の掃除が大変な人は、カーペットクリーナーで目についたゴミを取り除くだけでも、キレイになりますよ

 

掃除する日のスケジュール

掃除をしないといけないのに、ついダラダラしてしまう、なんてことありませんか?

今日はどこを掃除しようかな、と考えているうちに掃除が面倒に感じてしまったなど。

そんな人は、掃除をする日のスケジュールを作りましょう

ルーティン化してしまうと、悩む時間も減らすことができますね。

掃除の頻度は、家族の人数や、生活スタイルによって、異なります。

それぞれの家庭環境に合わせたスケジュールを組むことで、効率良く掃除ができるでしょう

まず、汚れやすく毎日掃除したほうがいい場所と、時々の掃除で十分な場所の2つに分けます。

その次に、掃除をする曜日・時間を決めましょう。

まず、毎日掃除をした方がいい場所のスケジュールです

夕方以降は、夕飯の支度があるので、午前中や昼間に掃除を済ませるという人が多いかもしれません。

そんな人は、数時間程度の中で終わるような、掃除スケジュールを組みましょう。

朝起きたら、洗濯ものを回し、その後に掃除機をかけてからトイレ掃除をする、など。

そして、週に数回程度の掃除でも十分な場所の、掃除をする日も決めましょう

たとえば、月曜日はキッチンや洗面台などの排水溝の掃除、火曜日はシーツや枕カバーの洗濯など。

平日は、掃除を頑張って、土日は掃除をしないなど、メリハリがあると、なお良いかもしれません

 

 

 

 

 

掃除の頻度、理想は毎日すること?

理想の掃除頻度は、なんと毎日、でしたね

専業主婦とはいえ、毎日掃除をすることを考えると、嫌気がさしてしまいそうです。

掃除以外にも、やることがたくさんある中で、掃除の時間を作るのも大変です。

ですが、汚れは時間が経てば経つほど、蓄積されるもの

いざ、掃除をしようと思ったときに、汚れすぎて、キレイになるまでに時間がかかるなんてことは避けたいです

毎日の掃除は面倒に感じてしまいますが、日常的に簡単な掃除を済ませておけば、本格的な掃除が楽になります。

それぞれの家庭環境に合わせて、無理のない範囲で掃除スケジュールを組むことで、掃除へのメリハリもつきます。

掃除を負担に感じてしまう人は、掃除の便利グッズを使用しながら、賢くお掃除しましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました