掃除髪の毛溶かす方法は?お風呂などの排水溝のつまりの原因を解決!

家事
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

お風呂や洗面台の排水溝には、髪の毛などがよく詰まりますよね

掃除をしたばかりなのに、すぐに髪の毛でいっぱいになった排水溝をみると、うんざりしてしまいます

ですが、掃除をしないと汚れが溜まっていく一方ですよね。

汚れが溜まると、水の流れが悪くなったり、汚れにより、悪臭が発生する原因になってしまいます

毎回掃除をするのは大変ですが、手っ取り早く髪の毛を溶かすことができれば、掃除が楽になるかもしれません。

では、これから、掃除のときに髪の毛を溶かす方法などについて、説明していきたいと思います

 

 

 

 

スポンサーリンク

排水溝の髪の毛は溶かして掃除!臭いの原因も解消

お風呂や、洗面台の排水溝に、気づいたら溜まっているたくさんの髪の毛。

この間、掃除をしたばかりなのに、もう汚れが溜まっていると感じる人は多いでしょう。

人の髪の毛は1日に何十本と抜けるので、仕方のないことかもしれませんね。

ですが、放っておくと、水が流れなくなったり、悪臭の原因にもなり、衛生的にもよくありません

面倒ではありますが、こまめな掃除が必要でしょう。

そんな面倒な排水溝の髪の毛の掃除は、手っ取り早く溶かしてしまうのが1番ではないでしょうか

排水溝に溜まっている髪の毛やゴミの量が少量であれば、道具を使って取り除くのもいいかもしれません。

また、髪の毛を溶かすには薬剤が必要になってきます。

ですが、薬剤を使用するのはなるべく避けたい、という人もいますよね

そんな人へ向けて、薬剤以外の重曹やクエン酸を使った掃除方法も紹介したいと思います

お風呂場や、洗面所はいつもキレイな状態を保ちたい場所ですよね。

自分に合った掃除方法で、負担なく掃除してみてくださいね

 

 

 

 

 

排水溝の髪の毛の掃除手順やアイテム、予防方法

それでは、排水溝の髪の毛の掃除の方法や、その際に必要なものなどについて、くわしく見ていきたいと思います。

 

道具を使用

洗面台やお風呂場の排水溝を掃除するにあたって、必要な道具をそろえましょう

道具に加えて、薬剤や重曹などがあればいいのですが、家の中にない場合もあるでしょう。

ここでは、薬剤などが家にない場合の、簡単な掃除方法を紹介したいと思います

まず、掃除に必要なものは以下になります。

  • ゴミ袋
  • ゴム手袋
  • スポンジ
  • 歯ブラシ

歯ブラシやスポンジなど、家の中に常備されているものばかりですね

洗面台の排水溝には、蓋と、髪の毛を受けとめるヘアキャッチャーがついていると思います。

蓋とヘアキャッチャー部分には、髪の毛や歯磨き粉、石鹸カスなどいろいろな汚れが付着しています。

これを放置していると、詰まったり、ぬめりや悪臭の原因になってしまいます

では、簡単な掃除手順を紹介しますね。

手袋を装着したら、蓋とヘアキャッチャーを取り外しましょう。

そして、ヘアキャッチャーに溜まっている、髪の毛などのゴミを取り除きます。

そして、スポンジや歯ブラシなどで、こすり洗いします。

蓋の周りは、面積の広いスポンジで、ヘアキャッチャーの網目部分は歯ブラシでこするといいでしょう

掃除の手順はとっても簡単ですよね

お風呂の排水溝も、洗面台の排水溝と似たような構造になっていると思います。

蓋を取り外して、髪の毛などのゴミを取り除き、網目部分などの細かい場所は歯ブラシで磨いてくださいね。

毛先がボロボロになってきた歯ブラシや、交換時のスポンジは捨てずに掃除道具として活用すると、節約になります

特に、歯ブラシはスポンジでは届かない細かなところまで掃除できるので、便利です

 

薬剤を使用

排水溝の簡単な掃除方法として、歯ブラシやスポンジを使用する方法を紹介しました。

ですが、排水溝の汚れや髪の毛のつまりがひどい場合は、薬剤を使ったほうがいい場合もあります

薬剤を使わずに、歯ブラシを排水溝の中までいれて取り除く方法もありますが、あまりおすすめしません。

万が一、排水溝の中に掃除道具を落としてしまったら、大変ですよね。

髪の毛などの汚れがひどいときは、薬剤に頼ってしまうのが、1番楽に掃除できる方法だと思います

薬剤を使用するときに必要な掃除道具は以下になります。

  • ゴミ袋
  • ゴム手袋
  • パイプクリーナー
  • マスク
  • スポンジや歯ブラシ

パイプクリーナーなどの薬剤を使用する前に、髪の毛などの大きいゴミは、あらかじめ取り除いておきましょう

パイプクリーナーで髪の毛を溶かすとはいえ、大量の髪の毛を排水溝に流してしまうと、詰まる原因になってしまいます

髪の毛を受け止める部分に絡まっている髪の毛は、歯ブラシを使えば簡単に取れますよ。

そして、大きなゴミを取り除いたあとに、パイプクリーナーの登場です

洗剤を排水溝の中に流し入れるだけなので、とても簡単です。

排水溝の中に薬剤をいれたあとは、20分から30分ほど放置し、その後水で洗い流しましょう。

排水口に溜まった髪の毛を溶かすには、アルカリ性洗剤水酸化ナトリウムが含まれている洗剤を選びましょう

ですが、髪の毛を溶かすほどの強力な洗剤なので、使用するときは、換気をするかマスクを着用してくださいね

また、パイプクリーナーを選ぶ基準として、粘度の高いものを選ぶといいでしょう

粘度が高いほど、髪の毛などの汚れに液体が溜まりやすくなるため、汚れが落ちやすくなります。

家族の人数や、汚れ具合をみつつ、パイプクリーナーで定期的にキレイにしましょう

 

重曹やクエン酸

小さな子どもがいる人や、強力な洗剤を使うと気分が悪くなってしまう人は、重曹やクエン酸などの自然由来のもので掃除するといいでしょう

ですが、重曹やクエン酸はパイプクリーナーなどの薬剤に比べて、汚れを落とす威力は弱いです。

ですので、あまりにもひどい髪の毛の詰まりには、パイプクリーナーの使用を検討してください

では、何故、重曹とクエン酸を掃除に使うのかについて簡単に説明します。

重曹は、弱アルカリ性の性質を持っているので、酸性の汚れを落とすのに有効なのです。

排水溝に溜まる皮脂汚れは弱酸性なので、重曹を使うことによってキレイになるのです。

クエン酸は、酸性の性質を持っていて、アルカリ性の汚れを落とすのに有効です。

アルカリ性の汚れとは、石鹸カスや洗剤、水垢などです。

これらの汚れを落とすためには、クエン酸がもってこいなのです。

人によっては、重曹とクエン酸の2つも必要なの?と思ったかもしれません。

実は、重曹とクエン酸が混ざることで、化学反応が起き、炭酸の泡が発生する仕組みになっています。

パイプクリーナーは汚れを溶かしてキレイにするものでしたが、重曹とクエン酸は、汚れを剥がすにようにして落としてくれるのです。

ですので、この2つはセットで使うようにしましょう

では、次に掃除の手順について説明します。

まず用意するものは以下になります。

  • 重曹200㏄
  • クエン酸100㏄

クエン酸が家にない場合は、お酢100㏄でも代用できますよ

2つが準備できたら、排水溝に重曹をふりかけます。

そのうえから、クエン酸水をかけて、放置するだけです。

重曹とクエン酸の化学反応が起き、泡立ってきますが、そのまま30分ほど放置してくださいね。

30分ほど時間は経ったら洗い流して、掃除完了です。

とっても簡単なので、ぜひためしてみてください

 

 

 

 

 

排水溝はつまらないように予防することが大事

排水溝の汚れは、日々溜まっていきます。

髪の毛などの汚れで排水溝を詰まらせないためにも、日々のお掃除が大切ですね

いまは、ドラックストアなどで、パイプクリーナーなどの掃除道具がたくさん売られていますよね。

パイプクリーナーは排水溝にサッとかけるだけで、頑固な汚れや髪の毛を溶かしてくれるので、とても便利です

また、パイプクリーナーをなるべく使いたくないときもありますよね。

そんなときは重曹とクエン酸の2つで汚れが落とせますので、ぜひ使用してください。

重曹とクエン酸を同時に使用することで、化学反応が起き泡立ちますよね。

子どもがいる人は、一緒に掃除することで、掃除を楽しんでもらえるかもしれません

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました