掃除のコツは捨てること?ルールを決めて上手に物を減らそう!

家事
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

掃除を始めようと思っていても、どこから手を付けていいのか分からず、ついつい後回しになっていませんか?

重い腰をあげて掃除を始めても、あれもこれも使うかもしれない、と思うと余計捨てられくなってしまいますよね。

これでは一向に掃除が終わらず、家の中の物は減りません

ですが、キレイに掃除するために、上手に捨てるコツを知っていればそんな悩みも解消できるのではないでしょうか。

これから、上手に捨てるコツを紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてくださいね

 

 

 

 

スポンサーリンク

物を減らすコツとは?

気付いたら家の中に物があふれている、なんてことはありませんか?

いつか掃除をしなくてはいけないと思いつつ、後回しになっていることもありますよね。

掃除が苦手な人は、どこから手をつけていいか分からない、と悩んでいるかもしれません

そうして、放置していると、いつまでたっても片付かず、物が増えていく一方ですよね。

掃除を苦手だと思ってしまう理由のひとつに、部屋の中に物があふれている、ということがあげられます

物が多いと、その分、目に入ってくる情報量も増え、あれもこれもと疲れてしまいます。

やる気が出なくなってしまえば、掃除はそこでストップしてしまいますよね。

ですので、本格的な掃除を始める前に、必要のないものを捨てることから始めましょう

とはいえ、なんでもかんでも捨てればいいというわけでは、もちろんありません

では、上手にものを捨てるコツとはなんでしょうか。

まず、目標を設定しましょう

そして、物を捨てる範囲を決めて、明らかにゴミと思えるものから捨てていきます。

その次に、必要なもの、不必要なものを分けていきます。

上手に捨てるコツは、やみくもに行わず、順番通りに進めることではないでしょうか。

次から、上手に捨てるためのルールについて説明したいと思います

 

 

 

 

上手に捨てるためのルールを決める

捨てることが重要だといいましたが、何もやみくもに捨てれば良いわけではありません。

捨てるのにも、コツがあります。

 

目標を設定する

まず、掃除を始める前に、目標を設定することが大事です。

目標と言っても、おおげさに考える必要はありません

大きな目標をもつことは大事ですが、大きすぎる目標は途中で挫折してしまいやすいからです。

自分のなかで、どこまで頑張れるのかを考えながら、無理のない範囲で目標を設定しましょう

部屋の中に物があふれているといっても、クローゼットの中がごちゃごちゃしている人や、足の踏み場がないほど物が散乱している場合など、いろいろなパターンがありますよね。

たとえば、足の踏み場がないほど物が散乱している部屋であれば、床に物がまったくない状態を目標に設定する。

クローゼットがごちゃごちゃしている人は、クローゼットの扉を閉められるくらいまで、物を減らすことを目標にする、など。

まずは、無理のない範囲で目標を立てましょう

 

範囲を決めて掃除する

目標が決まったあとは、掃除する範囲を決めましょう

部屋の散らかり具合にもよりますが、1日であそこもここもと頑張ってしまうと疲れてしまいます。

疲れてやる気がでなくなっては意味がありません

今日はこの部屋だけに集中する、など範囲を決めて、取り掛かりましょう。

いきなり部屋の掃除にとりかかるのが、無理そうであれば、まずは机の上、次は引き出しなど、細かな範囲を決めましょう

 

頭を使うものは後回し!

掃除するにあたって、物を減らすには、自分が思っているよりもエネルギーを消費します

ですので、頭を使う作業はなるべく後回しにしましょう。

頭を使う作業というのは、必要なものと不必要なものを分ける作業などです。

分別作業は、考えながらではないとできないので、後回しにしてしまいましょう。

頭を使わない作業というのは、迷うまでもなくゴミと判断できるものから捨てることです

例えば、飲み終わったあとのペットボトル、溜まったレシート、紙くず、段ボール、空き箱、何に使うかわからないネジ、など。

その他にも、1年間使わなかった物があれば、それらも思い切って捨ててしまいましょう。

例えば、穴の開いた靴下など、古い衣類、ずっと使っていない食器、使い古したタオル、使用期限切れのものなど。

タンスの中を整理すると、ずっと着ていないヨレヨレの服や、いつの間にか穴が開いていた靴下が出てくるかもしれません

1年間使用しなかったものは、来年に使う可能性は低いでしょう。

考えると捨てられなくなってしまいます。

ですので、深く考えずに捨ててしまうほうがいいでしょう。

ペットボトルやティッシュのゴミ、レシートなどは、考えるまでもなく捨てられますね。

ほかにも、明らかに使わない、必要がないと判断できるものを第1優先に捨てていきましょう

 

必要なもの、不必要なもの

明らかに必要がないとわかる物を捨てるだけでも、ある程度部屋の中は片付くでしょう。

そして、明らかにゴミとわかるものを捨てたあとは、必要なものと、必要ないものの分別作業ですね。

この作業を行うときには、使うかもしれない、という考え方も一緒に捨ててしまいましょう

自分にとって、今現在、必要なものなのか、必要のないものなのか、だけを基準に考えます。

とはいえ、必要のないものを捨てるのは、意外と難しいと感じるかもしれません。

なぜなら、すべてが必要なものと、判断しがちだからです。

すべてが必要と判断してしまうと、物を捨てられず、意味がありませんよね。

そんなときは、捨てる基準や持ち物の上限を自分の中で作ってみるといいかもしれません

まずは捨てる基準を説明します。

  • 1年間使わなかったもの
  • 必要ないけれど、頂き物だからと捨てられなかったもの
  • 壊れているものや古いもの
  • 読んでいない本や雑誌類
  • なんとなくおいていた雑貨や小物類など。

1年間使っていないものは、今の自分に必要がないと判断して捨ててしまいましょう

頂き物だと遠慮して捨てられなかったものも、自分に必要ないと感じるのであれば、思い切って捨てることが大事です。

他にも壊れているものや読んでいない雑誌、使っていない小物や雑貨類も、余計なスペースを取っています。

捨てることで、部屋の中がすっきりするでしょう。

持ち物の上限の例は以下になります。

  • ペンなどの文房具は筆箱の中に入るもの以外、捨てる
  • 本は、本棚に入るもの以外捨てる
  • 食器棚からあふれている食器は捨てる など

ペンや文房具など、似たような種類のものを何個も持っていたりしませんか?

例えばピンクのマーカーを2本、消しゴムを3つ持っているなど。

そんな場合は、マーカーは1本、消しゴムは1つ、と上限を設定し、その他は捨ててしまいましょう。

他にも、筆箱に入るものだけを残して、入りきらない文房具は捨てる、と決めるのもアリでしょう。

このように、持ち物の数の上限を決め、必要以上に持たないことも部屋を片付けるうえで重要になってきます

不必要なものを減らすことは、負のエネルギーを減らすことにもつながります。

 

 

 

 

物を上手に捨てるコツは、ルールを決めて実行すること

上手に物を捨てるためには、捨てるうえでのルールを決めて、実行することが重要でしたね

いきなり、おおがかりに捨てようと決めても、何から手を付けていいか分かりません。

そして、あれもこれも決めてしまうと、疲れて途中で飽きてしまったりします

そうならないためにも、掃除する範囲を決めたり、上手に捨てるための基準を設けることが大事です

必要なものと、必要ないものを分ける作業は時間がかかります。

ですが、家の中が散らかっている場合は、明らかにゴミとわかるものも多いのではないでしょうか。

要らないチラシ、プラスチックごみなどを捨てるだけでも、家の中はキレイになるでしょう。

ある程度部屋の中がキレイになると、分別もしやすくなり、作業効率も上がります

何から手をつけていいか分からない人は、まず、目についたゴミから捨てることを始めてみてはいかがでしょうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました