嫁姑問題の解決策は同居解消?メリットとデメリットについて

義両親との同居って疲れますよね。

義両親との仲が良好であっても、やはりお互い気を遣うものです

嫁姑問題で悩んでいる人の場合は、1日でも早く義母と別居したいと思っているかと思います。

ですが、ストレスが溜まって限界を感じ、同居解消したい!と思っていても、そう簡単に行動に移せるものではありませんよね

義両親や夫になんて説明すればいいのか、もし反対されたら我慢して同居を続けるしかないのか?

同居していることが原因で、夫婦仲が悪くなってしまうことや嫁姑問題が起こっているケースもあるでしょう。

その場合は、同居解消することで、夫婦仲の関係や嫁姑問題が改善する可能性があるかもしれません

スポンサーリンク

姑との同居を解消したい メリットとデメリットは?

義両親と同居と聞くと、ストレスが溜まりそうなど、デメリットしか浮かばない人もいるかもしれません。

しかし、一緒に住むことで得られるメリットももちろんあります

たとえば、夫の実家に引っ越す場合、家賃の支払いがない可能性がありますし、生活費の負担も減るでしょう。

その分、将来のために貯金することが可能になりますね。

共働きの人であれば、家事や子育ての負担を姑と分担することができます。

働いている人からすると、家事の負担が減るのはとても助かりますよね。

子どもが体調を崩して仕事を休まなければいけないというような状況でも、義両親に子どもの看病を頼むことが出来るのも大きなメリットです

このように義理両親と同居するメリットはたくさんあります。

しかし、メリットの反面デメリットもあります。

それは、価値観の違いや気疲れ、子育ての方針の違いなどです。

毎日一緒に生活していると、どうしても相手のイヤな面が見えてしまいます

そうなると、最初は賛成していた同居生活もストレスに感じ、同居を解消したいという思いに変化していくでしょう。

上記以外にも、同居を解消したい理由はさまざまあるかと思います。

ですが、同居していることでストレスが溜まり、限界を感じているのは同居している人共通の悩みですよね

同居解消する決意を固めたものの、夫になんて相談しようか、義両親にはどのように切り出そうかと悩んでいる人も多いでしょう。

1度同居してしまうと、同居解消を切り出すのはなかなか難しいものです

しかし、ストレスを溜め続けたまま同居生活を続けるのも、いつか限界が来るでしょう。

次に、同居を解消するためのステップについて説明していきます。

スポンサーリンク

同居を解消するためにすること

まずは夫に相談

同居解消を決意した時にする最初の行動は、夫に相談することです

同居を解消したい理由は人それぞれ違うと思いますが、まずは夫に、義両親との同居を解消したいことを伝えましょう。

なかには、義両親と同居していることが原因で夫婦仲がうまくいってない人もいるかもしれません。

ですが、同居が原因でストレスを溜め続け、結果離婚に至るケースも存在します

そうなる前に、夫婦2人になった時に話し合いの場を作り、同居解消したいと思っていることを伝えましょう。

この時、夫に相談する時に気を付けることがあります。

それは、感情的になってしまわないことです

積もり積もったストレスから感情的になり、冷静になるのは難しいかもしれません。

ですが、感情的になってしまうと、義両親を悪く言ってしまったり、ただ怒りをぶつけるだけの話し合いになってしまう可能性があります

そうすると、自分の両親を悪く言われた夫は当然いい気分はしないため、ケンカになってしまったり、同居解消に納得してもらえなくなりますよね。

ですので、同居解消の話し合いをするときは、冷静に話し合いをすることを心掛けましょう

義両親との話し合いは引っ越し先を見つけてからがオススメ

同居解消するにあたり、夫の同意を得られたら、次は義両親に別居したいことを伝えなくてはいけません。

この時に気をつけたいのが、義両親に別居の意思を伝える前に、ある程度、別居の準備を整えておくことです。

円満に同居解消できるのが1番ですが、必ずしも義両親が別居に賛成してくれるとは限りません。

むしろ、世間体を気にしたり、寂しいなどの理由から反対されることのほうが多いでしょう

最悪の場合は、別居を阻止するために嫌がらせなどを受けるかもしれません

そうなると、新居探しが難航したり、引っ越し準備がスムーズに進まなくなってしまいますよね。

ですので、義両親に同居解消の意思を伝えるのは、別居の準備が整ってからにすることをオススメします。

また、円満に同居解消するためには、義両親が納得できる理由があるといいでしょう。

たとえば、子どもを通わせたい学校が遠い、通勤時間を短縮させたいなど自然な理由があると義両親も納得しやすいかもしれません

子どもがいない人であれば、予定があるかないかはさておき、妊活に集中したいと説明してしまうのもアリかもしれませんね

実際に同居を解消して後悔することはあるのか?

同居を解消すれば、干渉されたり、気を遣う必要はなくなるためストレスフリーですよね

ですが、その代わりに頭を悩ませることになるかもしれないのは、お金の問題についてです。

他には、義実家の近くに引っ越すという条件で別居したことを後悔しているというケースもあります。

夫の実家で同居している場合は、新居に引っ越ししなくてはいけません。

その際にかかる引っ越し代や家賃、これから生活していく上で必要な家電の購入など、必要なお金がたくさんあります。

家賃や生活費を折半していた人、または払う必要のなかった人は、同居解消後に想像以上の出費に後悔するかもしれません。

同居解消後に後悔しないためにも、必要になってくるお金はしっかり計算しておく必要があります。

そして、もう1つは新居を義実家の近くにしたため頻繁に義家族が遊びに来て後悔…というケースです。

同居を解消したい一心で、義実家の近くに引っ越すことを条件に同居解消を納得してもらったが、引っ越し後も毎日のように顔を合わせるため別居した意味がないという人もいます

生活圏が被るほど近くに引っ越してしまうと、頻繁に遊びに来たり、スーパーで会う可能性があります。

せっかく同居解消したのに、毎日顔を合わせていては別居した意味がありませんよね

そのような事態にならないためにも、同居解消後はなるべく生活圏の被らない場所へ、引っ越ししましょう

スポンサーリンク

同居解消することで、姑と仲直りできる可能性も?

同居を解消することで、生活リズムの違いや過干渉、気疲れといったストレスから解放されますよね。

実の親であっても距離が近すぎるとケンカになりますし、疲れるもの

赤の他人である義両親であれば、なおさらストレスは倍します。

ですが、同居を解消して適度な距離間が生まれることで、仲の悪かった義両親とも仲直りできる可能性が生まれますよね。

仮に義両親との仲が悪いままでも、同居によるストレスからは解放されます

それによって夫へのイライラも大なり小なり軽減されることでしょう。

同居することによってストレスを感じていた人は、同居解消はメリットばかりであると言えますね。

デメリットとして考えられるのはお金の問題ですが、同居によるストレスを感じている人にとっては、メリットのほうがはるかに上回るのではないでしょうか

スポンサーリンク